メモリッチ

浸透型ビタミンE誘導体「TPNa」の効果

メモリッチには浸透型ビタミンE誘導体「TPNa」(トコフェリルリン酸Na)が配合されています。



ビタミンE誘導体はビタミンC誘導体よりも知名度の低い成分ですが、実は非常に優れた美肌効果を持っており、近年ではエイジングケア化粧品に配合されています。

ビタミンEには血流の改善効果があり、肌のターンオーバーを活性化して肌トラブルの解消をサポートし、肌のハリやツヤをアップする効果が期待されています。

また、肌の老化現象を防止する強力な抗酸化作用も認められるため、別名「若返りのビタミン」とまで呼ばれている美容成分なのです。

そんなビタミンEの欠点はビタミンCと同じく、成分として不安定な上に、肌への浸透性が悪いところでした。ビタミンEは油溶性の成分であり、油に溶けやすく水に溶けにくい性質を持っています。そのため経皮吸収の効率が悪く、化粧水やローションなどの水性化粧品に配合しづらいという難点がありました。

肌への浸透力アップ!最強のビタミンE誘導体「TPNa」

浸透型ビタミンE誘導体「TPNa」は、油状のビタミンEであるDL-α-トコフェロールにリン酸基を導入することで、ビタミンEに水溶性(水に溶けやすい性質)を付与することに成功した世界初の両親媒性ビタミンC誘導体です



油と水の両方に溶けやすい性質を獲得しているので、化粧品への配合が容易になり、肌への吸収率も格段にアップしています。

ビタミンE誘導体「TPNa」の効果


ビタミンE誘導体「TPNa」(別名:トコフェリルリン酸Na)には優れた肌荒れ防止効果があり、保湿効果や水分保持機能、抗炎症作用などが確認されています。

また、TPNaには紫外線やストレスなどで発生する活性酸素を皮膚内で除去する抗酸化作用も認められています。活性酸素は目尻のシワやまぶたのたるみなど、肌の老化現象を引き起こす原因となる物質です。TPNaはこの活性酸素を無効化し、エイジングサインの発生を防止して肌のバリア機能を高める効果があると言われています。

TPNaはアイクリームなどの化粧品として皮膚に塗布されると、素早く皮膚内部に浸透します。その後、皮膚内に存在する酵素の作用により、ビタミンE(DL-α-トコフェロール)へと変換されるのです。従来のビタミンE誘導体に優る皮膚効果が認められるとして、注目を浴びている美肌成分です。

メモリッチにはこの浸透型ビタミンE誘導体「TPNa」が、独自成分「アイキシル」浸透型ビタミンC誘導体「3LGA」などと合わせて贅沢に配合されています。

>アイクリーム「メモリッチ」の詳しい情報と口コミを見る

メモリッチ