メモリッチ

メモリッチの配合成分は全63種類

メモリッチには全63種類の成分が配合されています。数あるアイクリームの中でも豊富な種類数であり、加齢に伴って現れる目元のさまざまな悩みに対応します。



優れた保湿効果とアンチエイジング効果を持ちながら、ベタつきのない使い心地の良いアイクリームに仕上げるために、考え抜かれた成分内容と配合比率になっています。

メモリッチの全成分


メモリッチの全配合成分は以下の通りです。

水、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸水添ヒマシ油、プロパンジオール、ステアリルアルコール、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、ペンチレングリコール、メタクリル酸メチルクロスポリマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸トコフェリルリン酸Naパルミトイルトリペプチド-1パルミトイルテトラペプチド-7カプロオイルテトラペプチド-3トリフルオロアセチルトリペプチド-2、オリゴペプチド-6、ペンタペプチド-18、ナイアシンアミド、クリシン、セラミドNGセラミドNPセラミドAP加水分解コラーゲン水溶性コラーゲン水溶性プロテオグリカンヒアルロン酸Naヒメフウロエキスダイズ発酵エキスシャクヤク根エキスコプチスチネンシス根茎エキスセイヨウトネリコ樹皮エキスセイヨウオオバコ種子エキスノイバラ果実エキスサトウカエデ樹液ヒマワリ種子油キョウニン油アボカド油ローズヒップ油ダマスクバラ花油ベルガモット果実油ビターオレンジ花油ラベンダー油、スクワラン、酢酸トコフェロール、N-ヒドロキシコハク酸イミド、水添レシチン、イソセテス-10、イソセテス-25、ステアレス-20、ポリソルベート60、イソステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル(SE)、コレステロール、シラントリオール、カプリリルグリコール、BG、グリコール酸、クエン酸、クエン酸Na、ペンテト酸5Na、デキストラン、フェノキシエタノール、キサンタンガム、ナットウガム

ピンクの太字部分は独自成分「アイキシル」(5種類の機能性ペプチド)

>>独自成分「アイキシル」の詳細はこちら



ブルーの太字部分は浸透型ビタミンC誘導体「3LGA」

>>浸透型ビタミンC誘導体「3LGA」の詳細はこちら



グリーンの太字部分は浸透型ビタミンE誘導体「TPNa」

>>浸透型ビタミンE誘導体「TPNa」の詳細はこちら



イエローの太字部分は4種類の天然ビタミンK

>>4種類の天然ビタミンKの詳細はこちら



パープルの太字部分は3種類のヒト型セラミド

>>3種類のヒト型セラミドの詳細はこちら



オレンジの太字部分は17種類の保湿成分

をそれぞれ示しています。

メモリッチは無添加・低刺激処方のアイクリーム

メモリッチの成分には、「パラベン・アルコール・タール系色素・合成香料・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油・合成着色料」といった、肌への刺激となりかねない成分は一切含まれていません。



無添加仕立ての高品質なアイクリームで、敏感肌の方でも安心して使える低刺激処方となっています。

メモリッチは2つの刺激性テスト済み

メモリッチは「パッチテスト」「スティンギングテスト」という2種類の刺激性評価テストをクリアしているアイクリームです。



パッチテストでは、皮膚疾患などはないものの刺激を感じやすい敏感肌の被験者に対して試験を行っています。24時間の単回皮膚接触により、肌に接触する可能性のある商品の刺激性の有無を判定するテストであり、メモリッチはこれをクリアしています。

スティンギングテストも肌への刺激性を判定する試験であり、商品塗布後の皮膚のかゆみや炎症の有無を評価します。メモリッチはこのテストもクリアした低刺激のアイクリームです。

※全ての方に対してアレルギー反応や刺激が起こらないわけではないので、不安な場合は使用開始前にご自身でパッチテストを実施されることを推奨します。



メモリッチ