メモリッチ

目の下のクマを消すには?

目の下のクマは目元のエイジングサインの一つです。

目の下にクマがあると、実年齢よりも老けて見られたり、不健康そうな印象が強く出たりするので、多くの女性を悩ませる非常に厄介な肌悩みとなっています。



目の下のクマといえば、「睡眠不足が原因できるもの」というイメージが強いかもしれません。

でも、目の下にクマができる原因は、睡眠不足や疲労だけではないんです。実際、「毎日しっかりと睡眠時間を確保しているのに、目の下のクマが消えない」という悩みを持っている人も大勢います。

実は、目の下のクマはすべてが同じというわけではありません。

目の下のクマには4つの種類があり、それぞれに原因と対策が異なっています。せっかく目元効果の高いアイクリームを買ってみても、それぞれの原因に合った方法でケアをしないと、効果が半減してしまいます。

自分の目の下のクマがどの種類のクマなのかを知って、正しいエイジングケアをすることが大切です。

そこで、今回は4種類の目の下のクマの特徴と原因、さらにはクマを消すための対策をご紹介していきます。

目の下のクマの種類

目の下のクマは、主に「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」「赤クマ」の4種類に分けられます。



青、茶、黒、赤はクマの色を表わしており、それぞれに症状、原因、予防や解消の方法が異なるので、まずは自分の目の下のクマが4つのうちのどれに該当するのかを見極めて、正しい対策をとることが重要です。

目の下のクマの見分け方


目の下のクマは、青色や茶色などの色で分かれています。ですので、色がはっきりとしていればすぐにどのクマか分かりますが、中には色が曖昧でどの種類のクマか分からなかったり、「青クマか黒クマかどっちだろう?」などと迷ったりするケースもあります。

目の下のクマを消すには、自分のクマに合った方法でケアしなければなりません。



そこで、それぞれのクマについて詳しくご説明する前に、自分の目の下のクマがどの種類にあたるのかを見分けるための、簡単な方法をご紹介します。

目尻を引っ張ると、クマの色が薄くなる ⇒ 青クマ
ホットタオルなどで温めると、色が薄くなる ⇒ 青クマ
温めても冷やしても、クマの色が変わらない ⇒ 茶クマ
目尻を引っ張っても、クマの色が変わらない ⇒ 茶クマ
ライトを当てると、クマの色が薄くなる ⇒ 黒クマ
見る角度によって、クマの色の濃さが変わる ⇒ 黒クマ
目の下が腫れているような気がする ⇒ 赤クマ
頬骨あたりの皮膚を下に引っ張ると、クマの赤みが増す ⇒ 赤クマ

目の周りの皮膚はとても薄くて繊細なので、目尻を引っ張るときは指先でやさしく行ってください。目の下や目尻の皮膚をこすったりしてしまわないように注意してくださいね!

目の下のクマとお肌のタイプ


お肌のタイプ(肌質)によって、できやすいクマの種類は異なります。

どんな肌質をしているかも、目の下にできたクマの種類を判別する材料になるので、参考にしてみてください。

<案内女性のイラスト>

色白の人や、皮膚の厚みの薄い人 ⇒ 青クマができやすい
日焼けに弱い人(日焼けをしても肌が黒くならず、赤くなる人) ⇒ 茶クマができやすい
目鼻立ちのはっきりした人や、顔がむくみやすい人 ⇒ 黒クマができやすい
目をこする癖のある人や、目を酷使する職業についている人 ⇒ 赤クマができやすい

ただし、「この肌質なら必ずこのクマ!」というわけではありません。一度に複数の種類のクマを発症することもあり得るので、判断が難しいケースもあります。

>>クマ消しに効果的なアイクリーム「メモリッチ」って?


青クマの原因と対策

青クマは目の下のクマの中でもメジャーなタイプのクマです。



疲労時に現れることが多いので、青クマができていたら「ちょっと疲れているのかも」と考えられます。

青クマという名前ではありますが、青というよりも黒っぽく見えたり、茶色っぽく見えたりする場合もあります。目尻の皮膚を少し引っ張ってみて、クマの色が青みを帯びたり薄くなったりするようであれば、青クマの可能性が高いです。

青クマの原因


青クマができる大きな原因は血行不良です。

目の周辺には、微細な毛細血管がたくさん走っています。目元の皮膚は非常に薄く、額の皮膚の厚みが約1mmあるのに対して、目元の皮膚はその10分の1の約0.1mmしかないので、目の周りの毛細血管の内部で血流が滞ったり、老廃物が溜まったりすると、その色が透けて見えてしまうのです。

目元の血行不良は、目を酷使することによる眼精疲労や、睡眠不足過剰なストレス、生理中のホルモンバランスの乱れなどのさまざまな原因で引き起こされます。喫煙者や冷え性の人も、血の巡りが悪くなりやすい状態になっています。

また、老廃物の排出についてはリンパの流れも関係しているので、顔や体にむくみやすさを感じている人も要注意です。

青クマの症状は毛細血管の状態によって左右されるので、日によって色の濃さが変わったり、一日の中でも時間帯によってクマの状態が変化することもあります。

青クマの難点は、皮膚表面の表皮で起きる色素沈着が原因のクマとは違い、表面的なクマではないためにファンデーションやコンシーラーでは十分に隠しきれないところです。

その場しのぎのごまかしではなく、生活習慣の見直しや体質改善など、根本的なケアを行っていく必要があります。

青クマの予防と解消対策


青クマの原因となっている血行不良を解消する必要があります。

目元の血行不良を解消するためには、まずは「目の疲れをとること」が大切です。

現代は目を酷使しやすい時代です。スマホを触っている時間の長い人や、仕事でパソコンを使っている人などは、気づかない間に眼精疲労を起こしている可能性があります。一定時間ごとに画面から目を離して遠くを見る、休憩をとるなどして、意識的に目を休める時間を作ってください。

できるだけ睡眠時間を確保して、入浴時は湯船に浸かってしっかりと体を温めるようにしましょう。適度な運動も基礎代謝を上げて血流を改善するのに有効です。ショウガなどの体を温める効能のあるものを食べたり、食事やサプリメントから鉄分を摂取するのも効果的です。

とはいえ、家事や仕事で忙しい中で、これらの対策をすべて完璧に行うのは無理があります。

もっと手軽に行える青クマ対策としては、ツボ押しマッサージやフェイシャルマッサージ、ホットタオルを使ったアイマスクや温感パックがあげられます。マッサージはむくみの解消やリンパの流れの改善に効果的です。老廃物の排出を促すことで、青クマの解消につながります。

目元のマッサージやツボ押しを行う際は、力を入れすぎないように注意してください。強い力で押さえたりこすったりしてしまうと、その刺激でメラニンの色素沈着が起こり、茶クマができてしまう危険性があります。

目元をマッサージするときには、アイクリームなどを使って滑りを良くするといいでしょう。

青クマに効果的なアイクリームは?


「青クマには化粧品によるスキンケアは効果がない」といわれることもありますが、必ずしもそうとは限りません。

アイクリームを使ったエイジングケアは、青クマの改善にも効果的です。



加齢によって肌の水分量やコラーゲン量が減少して肌が痩せてしまうと、皮膚の下にある毛細血管の色がうつりやすくなってしまいます。保湿効果のあるアイクリームや、セラミドやコラーゲンを増やす効果のあるアイクリームを選ぶとよいでしょう

優れた抗酸化作用やコラーゲンの生成促進作用を持つビタミンC誘導体や、血行促進に効果があるといわれるビタミンK、高い保水力を持つセラミドなどの美容成分が配合されたアイクリームがオススメです。

>>青クマの解消に効果的なアイクリーム「メモリッチ」とは?


茶クマの原因と対策

茶クマがあると、目元全体が茶色っぽくくすんで見えます。



毛細血管の中の血液の色が透けて見えることでできる青クマと違って、目の下の皮膚を引っ張ってもクマの色は薄くなりません。

茶クマの原因


茶クマができる原因は色素沈着です。

目元の皮膚の内部で生成されたメラニン色素が、古くなった細胞とともに体外に排出されずに留まり続けることで色素沈着を起こし、目元の皮膚が茶色っぽくくすむようになります。茶クマは目の下にできるシミとも呼べるでしょう。

紫外線や摩擦などの外部刺激を受けると、皮膚の内部でメラニン色素が生成されます。紫外線を浴びる量が多い人や、目元をこする癖がある人は要注意です。

メラニン色素は肌細胞を外部刺激の影響から守るためにつくられるものであり、決して悪者ではありませんが、増えすぎたり、長く皮膚内に留まりすぎたりすると、色素沈着を起こしてシミやくすみの原因になります。これが茶クマを生み出す原因になるのです。

肌の状態が正常であれば、紫外線から肌を守るという役目を終えたメラニン色素は、肌のターンオーバーの周期に合わせて古い角質細胞とともに体外に排出されます。

しかし、乾燥や肌荒れ、食生活の乱れやストレスなどで肌のターンオーバーが乱れると、その排出が行われず、色素沈着が起こるのです。

特に、アトピー性皮膚炎、乾燥や合わない化粧品によるかぶれや痒みなどを起こしている肌はバリア機能が低下しているので、外部刺激の悪影響を受けやすい上、ターンオーバーも乱れがちになるので、メラニン色素の沈着が起こりやすく、茶クマができやすくなります

茶クマの予防と解消対策


茶クマの原因はメラニンの色素沈着なので、まずはメラニンを過剰に発生させないよう、紫外線対策をしましょう。



紫外線は夏だけでなく、一年中降り注いでいます。日焼け止めは365日毎日塗るようにするのがベストです

顔に塗るときは、目元までしっかりとつけるようにしましょう(目に入ったり、目の縁の粘膜についたりしないように気をつけてくださいね!)。

紫外線の中には窓ガラスなどの障害物を通り抜ける性質の光線もあるので、屋外にいるときも油断は禁物です。

外出時には日焼け止めだけでなく、日傘やツバのついた帽子を着用するとより効果的です。

メラニン色素は物理的な刺激が加わることでも発生します。目をこする癖のある人は特に要注意です。

目がかゆい、ごろごろするという場合は、こするのではなく目薬を点したり水で洗ったりするようにしましょう。もしも慢性的に目に痒みがある場合は、眼科の診察を受けることをオススメします。

すでにできてしまっている茶クマに対処するには、美白効果のある化粧品を使ってみましょう。茶クマを消すためのエイジングケアは、シミに対するエイジングケアと似ています。

また、美白成分の他にも、保湿成分の入った化粧品が特にオススメです。目元の皮膚をしっかりと保湿して肌を健康的な状態に戻せば、ターンオーバーが正常化されて古くなったメラニン色素が排出されやすくなります

茶クマにオススメのアイクリームは?


高い美白効果を持つビタミンC誘導体などが配合されたアイクリームがオススメです。ビタミンC誘導体にはメラニン色素の過剰生成を抑制する効果があるので、茶クマの予防や改善に有効だといえます。

また、肌が乾燥すると肌のターンオーバーが乱れ、古くなったメラニン色素が体外へ排出されずに色素沈着しやすくなるので、肌の保水力を高めるセラミドや、プロテオグリカンヒアルロン酸などの保湿成分がプラスで配合されているとなお良いです。

>>浸透型ビタミンC誘導体配合のアイクリーム「メモリッチ」とは?


黒クマの原因と対策

黒クマは目元のたるみが原因でできるクマです。



目元の皮膚がたるんで目の下にふくらみができる影響で目の下に影が落ち、それが黒っぽく見えているのが黒クマの正体です。血液やメラニン色素の色が透けているわけではなく、影が原因となっているので、光の加減でクマの濃さが変わります。

黒クマがあると、顔全体の印象が老けてしまいます

黒クマの原因


黒クマのできる原因は目元の皮膚のたるみです。

目の下の肌にハリや弾力がなくなると、皮膚表面がたるんでふくらみができます。このふくらみの影響で目の下に影が落ちてできるのが黒クマです。

目の下の肌がたるむ原因は、主に二つに分けられます。

一つ目は、目元の皮膚を支えている眼輪筋という筋肉がゆるむことで、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が飛び出してきてたるみができるケース

二つ目は、目元の肌のハリや弾力を支えている真皮中のコラーゲンエラスチンヒアルロン酸などの成分が加齢によって減少し、目の下の皮膚表面を支えきれなくなってたるみが発生するケースです。

加齢に他にも、紫外線の影響で発生する活性酸素が原因となって、目元の肌細胞が老化し、たるみが生まれるケースもあります。

黒クマの予防と解消対策


黒クマの解消には、@眼輪筋を鍛える A目元の肌のハリ・弾力を取り戻す のふたつが有効です。

まず、眼輪筋の筋力アップには、目元のストレッチが効果的です。

次に、目元の皮膚のハリを取り戻すには、加齢とともに失われるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進してあげなければなりません。コラーゲンやヒアルロン酸などの成分を作り出す繊維芽細胞の働きを活性化させる必要があります

これには、ビタミンC誘導体などの美容成分が効果的です。

また、繊維芽細胞のコラーゲン生成を活発にするためには、肌を健康な状態に保つことも大切です。肌の保湿対策をしっかりとして、乾燥を防ぐようにしましょう。

黒クマに効果的なアイクリームは?


シワやたるみなどのあらゆるエイジングサインの原因となる肌の乾燥を防ぐ成分が配合されているものがよいでしょう。保湿力の高いアイクリームを選びましょう。

また、ビタミンC誘導体など、コラーゲンの生成促進効果のある美容成分が配合されたアイクリームがオススメです。

「またビタミンC誘導体?」と思われるかもしれませんが、ビタミンC誘導体は美白効果以外にも、コラーゲンの合成を促す効果など、さまざまな美容効果を持った素晴らしい成分なんです!

メラニン色素の生成抑制効果もあり、茶クマの改善にも効果的な成分であるビタミンC誘導体。ビタミンC誘導体を配合したアイクリームなら、複数の種類のクマが同時に発症している場合にも改善効果が期待できるので、一石二鳥です。

>>目元のたるみ解消に効果的なアイクリーム「メモリッチ」について読む


赤クマの原因と対策

赤クマは、他の三つのクマ(青クマ、茶クマ、黒クマと比べると取り上げられる機会の少ないクマです。



目頭の下あたりにできやすく、皮膚を引っ張ると赤みが増すのが特徴です。

赤クマの原因


赤クマの原因は、青クマと同じく血行不良です。

青クマの場合は静脈の血行不良の場合が多いですが、赤クマの場合は静脈と動脈の両方に血行不良が起きている可能性が高くなります。血行不良によって、目元をの皮膚を支える眼輪筋と呼ばれる筋肉の色が透けて見えることで発生します。

また、目の下に赤クマがある場合、目元だけでなく顔全体が血行不良になっていると考えられます。目元は皮膚が薄いため、皮膚の下を通る血管や筋肉の色が透過しやすいのです。

赤クマの原因となる目元の血行不良を放置すると、たるみの発症につながる可能性があります。皮膚のハリや弾力を保ってくれているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分は、真皮中の繊維芽細胞という細胞によって生成されていますが、この繊維芽細胞が働くためには、血流がしっかりと巡り、必要な栄養素が真皮中に届けられる必要があるからです

繊維芽細胞の働きが鈍くなると、肌が痩せてシワやたるみができやすくなりますが、目元のたるみは黒クマの発生にもつながります

血行不良以外では、目元を走る毛細血管の内部に血栓が形成される血栓症も、目の下の赤クマの原因になります。

赤クマの予防と解消対策


赤クマ対策では、目元の血行を促進することが大切です。

パソコンやスマホを使用するときは、定期的に画面を見るのをやめて目を休ませたり、目元をやさしくマッサージしたりするとよいでしょう。即席のホットタオルで目元を温めるのも効果的です。

ホットタオルは、ちょうどよい大きさのタオルを濡らしてよく絞り、電子レンジで1分ほどチンして加熱するだけで簡単に作れます(チンしたての状態ではかなり熱くなっているので、取り出すときに手を火傷しないように注意してくださいね!)。

赤クマ対策には、生活習慣の根本的な見直しも必要です。一度消えても再発してしまう可能性もあるので、きっちりと睡眠をとる、適度に運動をする、入浴時には湯船に浸かるなど、血行促進に効果的な習慣をつけるようにするとなお良いです。

「赤クマ→黒クマ」の負の連鎖を起こさないためには、目元の筋肉を鍛えるトレーニングも効果的です。「目をぎゅっと閉じて、見開く」という動作を繰り返すだけの簡単なストレッチでも有効なので、お風呂上がりや就寝前などに、ぜひ取り入れてみてください。

血行不良ではなく、血栓症が原因で引き起こされる赤クマには、ビタミンKの摂取が有効だといわれています。

赤クマに効果的なアイクリームは?


血行不良や血栓症の解消に効果的なビタミンKが配合されているアイクリームがオススメです。

たるみの防止や改善には、肌細胞の老化を防止する抗酸化作用やコラーゲンの生成促進作用があるビタミンC誘導体や、肌を乾燥から守る保湿成分(セラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなど)が効果的なので、それらも一緒に含まれているアイクリームであれば、より効果的でしょう。

>>4種類の天然ビタミンK配合のアイクリーム「メモリッチ」の効果は?


メモリッチはクマ消しに効果的なアイクリーム

ここまで、4種類のクマの違いや、それぞれの解消方法についてご説明してきました。



「自分のクマはどのタイプのクマなのか」「どういうケアをするべきなのか」を判断する参考にしていただけたら嬉しいです。

青クマ、茶クマ、黒クマ、赤クマの解消には、アイクリーム「メモリッチ」を使ったエイジングケアがオススメです。



メモリッチは美容成分が93.3%も配合されたアイクリーム全63種類の豊富な配合成分が、目の下のクマの原因となるあらゆる要素にアプローチしてくれます。



メラニン色素の抑制効果やコラーゲンの生成促進効果を持つビタミンC誘導体のほか、血行不良の改善に効果的なビタミンK、繊細な目元の皮膚を乾燥から守る17種類の保湿成分などが含まれた贅沢なアイクリームなのに、お値段もお手頃なところが魅力的です。

気になった人はぜひ、アイクリーム「メモリッチ」をチェックしてみてくださいね。



メモリッチ